成果報酬型求人サイトを運営している会社です。

求人広告制作のポイント1

慣れていないと求人広告を作るは難しい作業になります。
求人広告を出したい企業の代わりにお金をもらって、求人広告を制作する広告代理店もあるぐらいですから、困っている求人担当者は沢山いるのではないのでしょうか? 
今回は具体例を出して、求人広告を制作するポイントを説明いたします。 
今回は取扱い商品をもとに説明したいと思います。 
例えば自動車販売会社が営業社員を募集するとします。 
まず、求人広告に盛り込みたいポイントは、その会社がどんなユーザーをターゲットに車を販売しているのかです。 
具体的にいうと、ターゲットにしているユーザー層の年齢構成や社会的地位などです。 例えば若いサラリーマンやOLと会社経営者とでは、車に求めてるものが違いますので、採用したいと思う営業社員も違ってくると思います。 
経営者に対して、主婦(夫)目線でサービスされても困りますし、ファミリーに対して購入コストを無視して高級感を演出しても無意味です。 
求人広告に販売ターゲット層を具体的に明記することにより、おのずとお店の雰囲気が盛り込まれ、ミスマッチな応募が少なくなり意図した人材の応募が見込まれることになります。 
次に、取り扱う車種です。 スポーツカー、軽自動車、高級輸入車、ファミリーカー、4WD車では、それぞれ使用用途が違いますので販売方法が違うと思われます。
したがって、営業の仕方が違ってくるはずです。 
高級輸入車に対して軽自動車であれば販売台数も違ってきますので営業の仕方が変わります。 
又、売ることの難易度も違います。 車の販売経験のある求職者であれば、取扱い車種である程度イメージができます
車の販売の未経験者を募集ターゲットにしているのであれば、 販売方法を含めて求人広告を制作する必要があります。 その業界にいると当たり前の話だと思っていることでも経験のない人にとっては理解できないことが多いのが実情です。 例えば経営者などの社会的地位が高い人を顧客にしている場合、求職者も社会的地位が高くないと無理だと思って
応募をあきらめてしまっているケースもあります。 
それは求職者の方の先入観によるものですが、求人広告ではその先入観を取ってあげる必要があるのです。

↑ PAGE TOP