成果報酬型求人サイトを運営している会社です。

雇用形態の違いによる募集のメリット・デメリット。

求人募集する際に、本来であれば正社員で募集するべき求人を経費削減のため、契約社員やアルバイト・パートなどの準社員として募集をしていませんか。
その理由は企業側だけの理由であって、求職者にとっては労働条件がほぼ同じ求人であれば正社員での雇用を希望すると思います。
また、「正社員」と「正社員以外」、どちらにやりがいや責任感を期待するでしょうか?
パートやアルバイトに正社員なみの責任感や仕事の質を求めることは無理があり、やはりそれなりの待遇や報酬が必要で、それが働くうえでのモチベーションになります。
非正社員の仕事内容が正社員と同じ仕事内容なのに、給与が待遇が同じなら、やる気はなくなり、社員同士での軋轢の原因にもなります。
やはり仕事の質に見合った雇用形態で募集を検討するべきです。
又、採用においてよくあるパターンでとりあえず無期限の試用期間でアルバイト採用をし、スキルが見合うようになれば正社員雇用も検討するという採用担当者の方がいますが、優秀な人材はそのような雇用の約束で入社するでしょうか?
求職者側の考え方からいえば、そのような会社であれば是が非でも入社したいとは思いません。
もっと雇用条件のいい会社を検討するでしょう。
採用時期や新卒・既卒などの区分によって、社内に正社員・準社員・契約社員等の雇用形態に関する区分が採用されている場合はやむ得ないこととも思われますが、「正社員以外」を募集される際は、メリットやデメリットを考慮のうえ、慎重な判断をお願いします。

↑ PAGE TOP