成果報酬型求人サイトを運営している会社です。

求職者の応募先企業に対しての重要視する項目

人材募集において経営者と従業員では目線が違います。
下記は人材募集において重要視している、経営者と従業員(求職者)の項目につて、主な例です。
(A)人経営者の目線
・ 会社の発展
・ 事業の安定
・ 業務の効率化(無駄の削除)

(B)従業員(求職者)の目線
・ 給与・待遇等の雇用条件
・ 適度な仕事量
・ 良好な人間関係・職場環境
・ 働き甲斐

経営者と従業員(求職者)は労働において求めているものが違います。
そのことを念頭において求人募集することが重要です。
経営者の方に求人広告の原稿取材をしているとよく聞くフレーズに「直ぐに辞めない人採用したい」
があります。
でもそのような人材を採用するには上記の(A)(B)のバランスがとれていないと無理です。
求職者はロボットではありませんので、安い賃金・重労働・悪環境での仕事では直ぐに退職するのが
当然です。
バランスが取れていないようであれば、改善する努力をしてください。
そうすれば、従業員の定着に悩むことも減少するのではないでしょうか。


↑ PAGE TOP